マネキンの用途にはどんなものがあるのか?実は知らない雑学も合わせてご紹介します

広義において、マネキンという言葉には様々な意味が含まれます。
販売促進活動や、広告を担うスタッフのことを指します。
また一方で、ディスプレイや見本となる人形を指す意味でもあるんです。
これら両者の用途は幅広く、経済活動において欠かすことができないものであるのは間違いありません。
当サイトではこうした社会的役割や、汎用性についてご紹介していきたいと思っております。
少しでも皆様のお役に立てれば幸いでございます。

マネキンの用途にはどんなものがあるのか?実は知らない雑学も合わせてご紹介します

マネキンの雑学ですが、多くは販促活動や広告塔を担う人材スタッフのことをさすのです。
この用途範囲は広く、身近であればスーパーマーケットで試食販売などもそれにあたります。
普通に棚に商品を陳列しているだけではなく、試食をしてもらった方がおいしさが伝わり、購買意思決定に大きく影響を与え売り上げに貢献します。
ディスプレイ用のマネキンもその用途は広いんです。
服を折りたたんで陳列するよりも立体のマネキンが来ていた方が、イメージがしやすく良さも一層消費者に伝わります。
またマネキンは着こなし方や、洋服の応用の仕方なども伝えてくれているのです。

マネキンはファッションイベントで活躍する

マネキンはファッションイベントでは欠かせないアイテムです。
洋服を立体的に見せてくれるのでデザインの特徴などをより把握しやすいです。
等身大のマネキンがあるだけで、ファッションのイメージも印象的になります。
さまざまな種類があるのをご存知でしょうか。
胴体分だけのボディートルソー、フェイスのついている全身、フェイスのついていないヘッドレスです。
フェイスがついていないものは、マネキンの印象を弱めるので洋服の世界観やスタイルを表現しやすい傾向にあります。
イベントなどで大活躍のアイテムも、ポージングを加えて動きをだすとより良いです。
全身可動の製品もあるので確認してみましょう。
気になる価格ですが、ボディトルソーは5千円から6千円台で販売されています。
全身サイズになると2万円台が多くなります。
身長や色でも価格に差があるので比較してみてください。
展覧会や催事などの際は、マネキンを活用するだけでも購買意欲を高めることが可能です。

マネキンのレンタルは専門店に依頼

店頭に展示するマネキンは季節ごとに商品の入れ替えがあると、それに合わせて違うデザインのものを選択するケースがほとんどです。
オールシーズンのマネキンを保管するとなると倉庫の用意や管理業務も過大になってしまうことから、レンタルを利用する事例が増えています。
自社で倉庫を用意する必要もなく、運搬も業者が行ってくれるので安心です。
その中でも最もおすすめなのがマネキンのレンタル専門店で、購入するのと比較してコストを大幅に削減できるだけではなく豊富な在庫にあります。
あらゆる種類のマネキンが用意されており、季節や服のデザイン、店内のコンセプトに合わせて自由に選択できます。
実際に設置してみてイメージと違っても、すぐに交換できるのもメリットです。
また、自身でどれにするか迷っても、これまで数多くの店舗と取引実績のあるノウハウを持っていることから、どのデザインなら顧客に対して訴求力を持たせられるのかなど適切なアドバイスをしてもらうことも可能です。

再現性が高いマネキンはスタイリッシュな印象を受ける

店頭に展示してあるマネキンのコーディネートを見て、これと同じ服を購入したいと顧客から言われるのはよくあることです。
その要因となっているのは、マネキンの姿を見て実際に自身が身に着けた様子を具体的にイメージできるからです。
かつては表情の無い無機質なマネキンを使用するなどして個性を徹底的に削ぎ、服のデザインのみを強調する手法がありましたが、昨今の顧客はリアリティのある実用性や再現性を求める傾向が強く、すぐに試して真似できるコーディネートの事例を知りたがっています。
たとえば20代男性を模したマネキンを使用し、最新のトレンドとなる服を身に着けて展示すれば、その世代の顧客に対してピンポイントの訴求力を持たせることが可能です。
また、昨今ではSNSでの拡散も意識し、話題性のあるビジュアルを提供したいところです。
これらを踏まえて店内ディスプレイを見直せば瞬く間に話題となり、集客や売り上げが一気に向上すること間違いありません。

ヘッドレスタイプのマネキンは商品の存在感を高める

洋服などの商品の展示でマネキンを用いる最大の理由は、展示物を最も魅力的に見せることです。
着こなし術や合わせたい装飾品、トレンドカラーとの組み合わせなどをメーカーが提案し、それをより多くの人たちに披露するところにあります。
人を惹きつけるマネキンの展示というのは、自分も着てみたいと思わせることが何より大切なことだといえます。
その際に使いたいのがヘッドレスタイプです。
首から上の部分がないタイプなので、見る人がマネキンの着こなしを自分に当てはめて想像しやすいというメリットがあります。
リアルな表情でメイクまで施しているタイプは、商品よりもヘッド部分の表情の印象が強く残ることがあったり、抽象的な顔であってもヘッドが付いているタイプでは、商品よりも自分と掛け離れたマネキンの小顔スタイルに意識が向いたりします。
このように先入観を持ってその商品を見てしまうことがあるため、商品の存在感を存分に高めたい場合はヘッドレスタイプが良いでしょう。

マネキンに関する情報サイト
マネキンのお役立ち情報

広義において、マネキンという言葉には様々な意味が含まれます。販売促進活動や、広告を担うスタッフのことを指します。また一方で、ディスプレイや見本となる人形を指す意味でもあるんです。これら両者の用途は幅広く、経済活動において欠かすことができないものであるのは間違いありません。当サイトではこうした社会的役割や、汎用性についてご紹介していきたいと思っております。少しでも皆様のお役に立てれば幸いでございます。

Search